記事詳細

「おちょやん」視聴率苦戦も批判封じた杉咲花の圧倒的演技力 有無を言わせぬ存在でドラマ全体を引き締め (2/2ページ)

 これだけ数字的には不調な『おちょやん』だが、不思議とネガティブな批判が目立たない。

 「テルオが登場するとネットがざわつきましたが、それ以上に千代を演じる杉咲花の圧倒的な演技力が批判を封じ込めているのです」と民放関係者。

 そして「特に3月から4月にかけて、千代には怒濤(どとう)のごとくの不幸が押し寄せました。その都度、千代がツーっと涙を流すのです。有無を言わせぬ演技がドラマ全体を引き締めています」と続ける。

 まだまだ千代は不幸に見舞われそうだ。どこまで杉咲の演技は視聴者をうならせるのだろうか。

関連ニュース