記事詳細

ミュージシャンから悲痛な叫び 東京地裁、楽曲の使用許諾でJASRAC主張認める

 楽曲の使用許諾が認められなかったため、ライブを開催できなかったとして、シンガー・ソングライターら3人が、JASRAC(日本音楽著作権協会)に損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁(佐藤達文裁判長)は彼らの請求を棄却した。JASRACの主張が認められたことで、ミュージシャンからは悲痛な叫びが上がっている。

 訴えていたのは、シンガー・ソングライターののぶよしじゅんこ、「VAN HEYSAN」、「T.O.Y.S」の3人。JASRACに対して約390万円の損害賠償を求めていた。

 彼らは、著作権使用料をめぐって係争中だったファンキー末吉氏経営の店舗「Live Bar X.Y.Z→A」に出演していたことで、店と一体と見なされ、楽曲の使用許諾が認められなかった。判決も、JASRACの判断には正当な理由があるとしている。

 自分で作詞・作曲した楽曲の利用が認められなかったのぶよしは「散々説明しましたが、まったく認められずに、JASRACの主張を認めた判決に非常に怒りを感じています」と語る。

 弁論の段階から、「自分の書いた曲を演奏する許可がおりないというのは質の悪い冗談にしか聞こえません」と陳述していたが、その主張は認められなかった。

 一方、許諾を得られずに洋楽コピーバンドの道を諦めて、オリジナル曲に切り替えて演奏したことを証明するために法廷でシャウトした「T.O.Y.S」は、「お金を払うから好きなバンドの曲を演奏するのを許可してくれというのがなぜ認められないんでしょうか」と言葉を失った。

関連ニュース