記事詳細

ジャンポケ太田博久・近藤千尋は「理想の夫婦」 家事を楽しむ夫婦像 (1/2ページ)

 「日本でいちばん明るい朝番組」として3月末からスタートした『ラヴィット!』(TBS系/8時~9時55分)が、視聴率2%前後と苦戦している。同番組は曜日ごとに出演者が変わるスタイルで、総勢20名程のタレントが日替わりで出演する。スタートダッシュに失敗したといわれる番組の中で、注目を浴びているのが金曜レギュラーのお笑い芸人・ジャングルポケットの太田博久(37才)と、モデルの近藤千尋(31才)夫妻だ。

 ふたりは2015年に結婚。2017年5月と2019年10月に女児をもうけると、ママタレ&パパタレとしての仕事も増え始めている。夫婦仲の良さは有名で、『ラヴィット!』でもラブラブぶりを隠すことはない。同番組で関東近辺に骨格部分のみの空き家“スケルトンハウス”を購入し、自分たち好みの内装を作り上げるというDIY企画に夫婦でチャレンジしている。

 「近藤さんはファッション誌『S Cawaii』の元カリスマモデル。彼女と太田さんは、交際時から結婚後もずっとラブラブで、ミレニアル世代(2000年~2015年頃に成人あるいは社会人になった世代)にとって理想の夫婦と言われています」(テレビ局関係者)

 結婚当初は衝突もあったという。近藤は過去のイベントで、「出産後2か月目くらいに、育児や家事のすべてをひとりで抱えてしまい、爆発した」と、“離婚危機”があったことを告白している。

 「千尋ちゃんは旦那さんに頼るのが苦手で、当時、旦那さんに“なにか(家事を)やろうか”と言われても、“大丈夫”と言ってしまっていたそうなんです。仕事で疲れている旦那さんに家事をさせるわけにはいかない、という彼女の気遣いからくる反応だったようですが、それが自分を追い込む結果になってしまっていました。イライラが募り、彼に当たることもあったようです」(近藤の友人)

NEWSポストセブン

関連ニュース