記事詳細

朝の情報番組の「終了&卒業」その裏では何が起きているのか (1/3ページ)

 4月の改編では、朝の情報番組が大幅にリニューアルされた。その背景に何があったのか--。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、分析する。

 * * *

 ◆卒業する出演者に対する番組スタッフの“愛”のなせるワザ

 22年間も「朝の顔」であり続けた小倉智昭サン(73才)のラストも見なきゃ。前日に涙を流し切った感のあるハリセンボン近藤春菜サン(38才)と水卜麻美アナウンサー(33才)は、どんなふうに卒業していくのか。立川志らくサン(57才)が念願だったという山田洋次監督との対談はどのような展開になるのか。まぁ3月26日の朝は忙しかったです。

 ご存じのように『とくダネ!』(フジテレビ系)は実に5646回の歴史に幕を。最終回は卒業パーティーのような構成になっていました。

 実は前日から局内では、これまでかかわったスタッフさんやリポーターさんの多くが「明日、何時頃、スタジオに行く?」とそこかしこで打ち合わせをしていらっしゃいました。

 最終回には小倉サンの奥様からのお手紙を山崎夕貴アナ(33才)が代読。その内容は、朝の帯番組を22年間も続けるには、共に生活サイクルの変更を余儀なくされた、奥様の存在を忘れるわけにはいかないことを教えてくださいました。小倉サンは途中、大病や手術、休養も経験され、コロナ禍ではご自宅からのリモート出演もありました。そこでも奥様はサポートされてきたのです。そして「朝のヒットスタジオ」よろしく、長いおつきあいの寺尾聰サン(73才)、大黒摩季サン(51才)、そしてコブクロのおふたりが出演されました。コブクロが路上ライブをしていた頃から番組と小倉サンは応援なさっていたのです。

 オーラス、小倉サンはスタッフを労い、『めざまし8』MCの谷原章介サン(48才)にもエールを。その右横で、これまで番組に出演したコメンテーターやプレゼンター、ナレーターら全員の名前がロールで流れたりと、小倉サンとスタッフが愛し愛されていたことがわかりました。

 愛されているといえば、『スッキリ』(日本テレビ系)は、(え? こんなに早くから?)というタイミングで縁の著名人が春菜サンと水卜ちゃんへメッセージを寄せ続けました。

NEWSポストセブン

関連ニュース