記事詳細

【シネマパラダイス】松井大悟監督の実体験をモチーフ 完全オリジナル舞台劇を映画化『くれなずめ』

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』、ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズで知られる松井大悟監督が実体験をモチーフに書いた完全オリジナルの舞台劇を映画化。

 高校時代に帰宅部でつるんでいた6人の仲間が友人の結婚披露宴で余興をするために5年ぶりに集まった。恥ずかしい余興を披露した後、披露宴と2次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す。自分たちは今も友達でこれからもずっと関係は変わらないと信じていたが…。

 成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節ら演技派たちの掛け合いが楽しい。近日公開。上映時間1時間36分。

 【ホンネ】何歳になっても、すぐに男子になれる男友達の仲の良さをうらやましく思う中、強烈な印象を残したのが前田敦子のキレ芸。気持ちいいことこの上なし! 成田のうろたえる姿もツボ。

  ★★★★(映画評論家・安保有希子)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース