記事詳細

GWは映画DVD見まくり! 伝説コメディーが復活『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』 ひたすら笑える『新解釈・三國志』 (1/2ページ)

 コロナ禍で自宅に“巣ごもり”していると、なんだかクサクサしてくるもの。そんなときにスカッとさせてくれる映画はこれだ。

 まずは『ワンダーウーマン 1984』((1))。DCコミックの最強ヒロイン、ワンダーウーマンの活躍を描くバトルアクションもの。禁断の力を手にしたマックスの陰謀で人類は滅亡寸前に。果たしてワンダーウーマンは世界の危機を救えるか。

 楽しい気持ちになりたいなら『とんかつDJアゲ太郎』((2))がオススメ。老舗とんかつ屋の跡取り息子が、たまたま訪れたクラブで衝撃を受け、「とんかつDJ」を目指すというコメディー。全編ノリノリだ。

 音楽でノリノリといえば『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』((3))も見逃せない。キアヌ・リーブスの伝説のコメディー『ビルとテッド』が29年ぶりに復活だ。地球を救うため、歴史上最強のバンドを結成しようと、過去へ未来へと駆けめぐる。

 『私をくいとめて』((4))は女優、のんが時にやさぐれ、時に激しくほえるヒロイン・みつ子をコミカルに、そして全力で演じている。

関連ニュース