記事詳細

【芳野友美 再現いろはにほへと】やばたにえん!! (1/2ページ)

 私はどちらかと言うと古臭い人間です。

 ニットのことをセーターと言うし、携帯電話からスマホへの変更もずいぶん遅かったし、好物はきな粉とか昆布だし(笑)。

 再現ドラマでやたらと若者言葉を使うリアクションの大きい30代という役を演じたことがあるんですが、そこで思わぬ苦労が!!

 俗に言う「ヤバい」の意味の「やばたにえん」というセリフがあって、イントネーションが分からない。聞いたことある言葉だし、細かく意識してなかったけど、いざセリフとして口に出してみると「あれ?」ってなって…。

 これを読んでくださっている方、同じくこの言葉を日常で使わない人が多いと思うので、皆さまも考えてみてください。

 「やばたにえん」

 アクセントが「た」なのか「に」なのか。考えるほどにドツボにハマり、どっちもアリな気がしてくる!!

 感嘆しながらハッキリ「やばたにえーん!!」ってセリフを言わなきゃで、ゴニョっと曖昧にするわけにもいかず、周りのキャストさんやスタッフさんらにこの疑問をぶつけてみたところ…誰一人分からず(笑)。ネットで調べるも、意味は載っていてもイントネーションについてはどこにもなく…当たり前か。

 さー困った。ここで議論が始まります。

 「永谷園」と同じイントネーションでいいんじゃないか、あれ?そもそも「永谷園」もどっちだ?

 なんて言いながら、みんなして「やばたにえん」を連発しながらイントネーションを模索。この状況を客観的に見たらかなり「やばたにえん」でしょうね(笑)。

 結局どちらも強調せず平坦な感じにしつつのどちらかというと「に」にアクセントを置いた方で撮影しました! 未だに正しかったのかどうかは不明…。

関連ニュース