記事詳細

「逆シャア」ED曲「BEYOND THE TIME」カットに大ブーイング 公式YouTubeが公開し「ナイスフォロー」「粋なことする」と絶賛 (1/2ページ)

 6日朝のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に、「BEYOND THE TIME」がランクインした。1988年公開の劇場用アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のエンディングテーマのタイトルで、5日深夜の日本テレビ系「映画天国」枠で同作を放送した際、同曲がカットされたことに視聴者が反応したものと見られる。

 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は、「機動戦士ガンダム」から14年後の宇宙世紀0093年を舞台に、シリーズの主要登場人物であるアムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いた物語。今も「逆シャア」の愛称で親しまれているシリーズ屈指の人気作だ。今回の放送は、同作の続編という位置付けの「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が、21日から劇場公開されることを記念したものだった。「BEYOND THE TIME」は、音楽ユニットTM NETWORKが88年に発表した13枚目のシングルで、「メビウスの宇宙(そら)を越えて」と副題がつけられ、「逆シャア」のために書き下ろされた楽曲。

 同日の放送では同曲が流れるエンドロールがばっさりカットされたため、ツイッターには「カットされててがっかり感が半端なかった」「鬼じゃ」「台無しじゃん」「モヤモヤして眠れなかった」「大暴れ案件」「録画してて観るのが楽しみだったのになあ…」など、ファンからのブーイングが殺到する事態となっている。

 「エンディングまでで一つの作品です。当時映画館での放映時でもエンディング終了まで皆席を立たなかった」「それもう逆シャアちゃうぞ」など、エンディングが不可欠と力説する視聴者が少なくない。

関連ニュース