記事詳細

【テリー伊藤 狸の皮算用】北朝鮮は逆「愛の不時着」を作れ編 「喜び組」美女と男前のSP主演で…ニセ札で外貨稼ぐよりよっぽどいい (1/2ページ)

 韓国メディアによると、昨年末、北朝鮮の学生ら1万人が韓流ドラマなどを見ていたとして警察当局に自首したという。12月に韓流ドラマを広めたら死刑、視聴しただけでも懲役15年と罰則が強化されたかららしい。

 中国から闇ルートで手に入れたUSBメモリーで視聴している。その一番人気はやはり大ヒットドラマ『愛の不時着』だろう。パラグライダーに乗った韓国の財閥令嬢が竜巻に遭って越境、北朝鮮に不時着して北朝鮮人民軍の軍人に救助され、真実の愛に目覚めるというラブストーリー。私もネットフリックスで見てハマってしまった。

 北朝鮮の特に若者たちは、『愛の不時着』を見てどんな気持ちなのだろうか。興味深いね。両国の経済的格差も描かれ、面白くない部分もあるかもしれないけど、それほど揶揄(やゆ)するような展開でもない。北朝鮮に親しみを湧いたというもいるんじゃないか。

 北朝鮮の兵士役のヒョンビンはイケメンでたくましく、日本でもかつてのヨン様をしのぐほどの人気だ。北朝鮮の人からすると、「こんなカッコよく紹介してくれるのか」と驚いているかもしれない。

 そこで考えたのが、北朝鮮でも見られるようなバージョンを作ったらどうかということ。最近も北朝鮮の体制を批判するビラを散布した脱北者団体の行為に対し、朝鮮労働党・金正恩総書記の妹の金与正党副部長が「深刻な挑発だ」と非難、報復も警告した。こういうときこそ、『愛の不時着』北朝鮮バージョンを作って、北朝鮮の人たちの心を鎮めてもらったらどうか。