記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】寝耳に水、密かに育んだ“恋ダンス” 祝!星野源&ガッキー 趣味嗜好も合うベストカップル (1/2ページ)

 先週電撃発表された「新垣結衣(32)&星野源(40)結婚」に日本中が驚き、祝福に湧いた。コロナ禍の暗い世相を一瞬忘れさせてくれる明るいニュースだ。

 「民放はもちろんのこと、共同通信、NHKなどお固いメディアも大々的に報じました。特にNHKは、新垣が来年放送の『鎌倉殿の13人』で大河ドラマ初出演するので絶好の宣伝に。またTBSは、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が再注目され、異様に盛り上がっています」(放送担当記者)

 ふたりは今年1月に放送された『逃げ恥』スペシャルで再共演し、それがきっかけで交際に発展したという。しかし芸能メディアの間では今回の結婚は寝耳に水だった。

 「2018年に星野が新垣のマンションの別棟に引っ越したと『女性セブン』が報じましたが、芸能人が多く住むセキュリティー万全の物件で、交際の裏付けが取れた内容ではなく、結局どこも確証が取れず見逃されていた」(女性誌デスク)

 誰にも知られることなく、ひそやかに愛を温めていたのだろう。実は、新垣は私生活ではインドア派として知られている。2006年に弾けるような笑顔で「ポッキーダンス」を披露して大ブレーク。「天真爛漫(らんまん)、明るく元気なガッキー」というイメージが定着したが、素顔はそれとは正反対。取材すると聞こえてくるのは、「人見知り」「もの静か」な女性ということ。意外にもダンスは得意ではないらしい。

関連ニュース