記事詳細

【ぴいぷる】壇蜜 綽綽と自分のペース ちやほやしてこない生き物で正気を保ってます 実は私、ナマケモノ…24時間戦えません (1/3ページ)

 透きとおるような白い肌にストレートな黒い髪。そのたたずまいは、まさに秋田美人。そんな彼女に“秋田愛”を聞いてみると…。

 「綽綽(しゃくしゃく)としたところかな。秋田の人って、人を助けたり、もてなしたりすることに抵抗感がないんですよ。人見知りっぽいんだけど優しくて、かわいいところもあるし。お互いに助け合おうって気持ちが強いところなんか、生々しくて好きです」

 そんな秋田への思いから出演したのが、28日公開の『ハチとパルマの物語』(アレクサンドル・ドモガロフJr.監督)。

 日露共同製作の本作は旧ソ連時代に実在した“忠犬パルマ”の実話をもとに、母の死で心を閉ざした少年と、空港で飼い主を待ち続けるパルマの友情を描いている。

 忠犬といえば「ハチ公」。「ハチ公」といえば秋田犬。秋田犬といえばアリーナ・ザギトワ。ということで、ロシアと秋田は縁が深いのだ。自身は秋田犬の里館長役で顔を出している。

 しかし、「秋田犬って、私が生まれる前に祖母が飼っていたんです。番犬として頼もしくて、いい子だったそうですが若くして死んでしまったんですよ」と悲しい思い出が…。

関連ニュース