記事詳細

【シネマパラダイス】フランス最高峰のバラ師やローズブランド完全監修 育児放棄や格差社会など、社会問題も盛り込む「ローズメイカー 奇跡のバラ」

 フランス最高峰のバラ師やローズブランド完全監修のもと、全編バラで彩られた、ピエール・ピノー監督による、爽快なサクセス・ストーリー。

 あふれる才能で新種のバラを開発し、数々の賞に輝いてきたエヴ(カトリーヌ・フロ)。だが、数年前からライバルの巨大企業に賞も顧客も奪われ、亡き父が残してくれたバラ園も倒産寸前。そこで職業訓練所から格安で訳ありの3人を雇うも、手助けどころか失敗の連続。そんなとき、エヴに新種のアイデアがひらめいた! コンクールまで1年、はみ出し者たちの奮闘が幕を開ける!

 バラだけの物語かと思いきや、育児放棄や格差社会など、社会問題も盛り込む、さすがの作品。28日公開。上映時間1時間36分。

 【ホンネ】物語の結末は予想がつくが、どのシーンも彩りが素晴らしく、まったく飽きない。人との出会いや自分の考え方を変えることで、人生の可能性は無限大だと、前向きな気持ちに! ★★★★

(映画評論家・安保有希子)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース