記事詳細

個展も開催中! 元TBSアナ・伊東楓の絵本作家転身を応援した大物芸能人3人 (1/3ページ)

 今年2月でTBSを退社し、約5年間の女子アナ人生にピリオドを打った伊東楓(27)。女子アナのフリー転身は珍しくないが、彼女が選んだのは「絵本作家」というまったく新しい道だった。初の著書となる絵詩集『唯一の月』(光文社)を上梓した伊東が退社を決意したのは、日本で新型コロナの流行が始まった昨年3月頃だった。

 「私は思い立ったらすぐ行動するタイプなので、『辞めよう』と決めたらすぐ社長に報告しました。『コロナ禍だから』と延期しようとは思いませんでしたし、もし先延ばしにしていたらモヤモヤした感情を抱えることになって辛かったと思います」

 コロナ禍で思うように外出できない状況が、絵本作家として動き出した彼女にとってプラスになった面もあったという。

 「ありがたいことに自分の本を出せることになり、その創作活動に取り組んでいたので、作品に没頭することができたんです。もちろん大好きな海外旅行に行けないなど辛いこともありましたが、書籍は自分の期待以上の仕上がりになりました」

 キー局の女子アナといえば「倍率1万倍」ともいわれる憧れの職業。その競争を勝ち抜いて得た仕事を辞めることに抵抗はなかったのか。

NEWSポストセブン

関連ニュース