記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古畑任三郎「シーズン1」の第1話に出演 人気少女コミック作家で殺人犯、田村正和さんも女優・中森明菜を高く評価 (1/3ページ)

 名優だった田村正和さん(享年77)が4月3日に亡くなっていたことが明らかになった。

 田村さんはテレビドラマを中心に映画や舞台など幅広く活躍してきたが、中でも人気が高かったのが、フジテレビで三谷幸喜が脚本を担当してきた『古畑任三郎』シリーズだ。その記念すべき「シーズン1」の第1話作品(1994年4月13日)にゲスト出演したのが中森明菜だった。そこで今回は、明菜が出演した田村さん主演の「警部補・古畑任三郎」について記す-。

 当時を取材した放送関係者が思い返すように語ってくれた。

 「1回目は『死者からの伝言』というタイトルでした。明菜は殺人犯で出演したんです。人気少女コミックの作家という設定だったんです。恋人の担当編集者(池田成志)に他の女性が存在していたことを知り、地下の金庫室に閉じ込めて窒息死させてしまう…。そして編集者の死を見届けると自ら警察に連絡するものの、嵐で警察が駆けつけるのが遅れたのです。ところが、そこに現れたのが田村さん演じる古畑任三郎で、その名推理によって犯罪を暴いていくものでした。当時、明菜は独立して個人事務所で活動をしていましたが、ドラマ出演は93年のクリスマスに小泉今日子と共演したスペシャル・ドラマ『瞳に星な女たち』(日本テレビ系)に続くものでした。しかし、歌の世界でも才能を見せるだけあって、ドラマでも迫真の演技だったと記憶していますね。やはり天性なのでしょうね」

関連ニュース