記事詳細

休養の深田恭子 事務所の後輩・綾瀬はるかとの「葛藤の20年」 (1/4ページ)

 5月26日、女優の深田恭子(38才)が「適応障害」の治療のために芸能活動を休止することを発表した。所属事務所の『ホリプロ』は、深田は昨年春頃から体調を崩すことが多くなり、5月に入ってから「適応障害」と診断された、撮影中の映画は撮影延期となり、当面は療養して体調回復に専念する、と発表している。

 昨年の夏、深田は「『ユニクロ』のように、みんなが見てくれるCMの仕事ができてうれしい! 仕事をもっと頑張りたい」と、輝く表情で周囲にそう語っていた。

 「女性が憧れる女性として人気を確立していた一方で、セクシー路線のドラマの役どころなどへ不安も感じていた頃に決まったのが『ユニクロ』のCMでした。『自分だからこそ選ばれた』ということが自信になり、いつにも増して前向きになっていたんです。

 でも今年に入り、同じ事務所でプライベートでも仲のいい綾瀬はるかさん(36才)も『ユニクロ』のCMに決定。その上、深田さんにはやはりお色気路線のドラマのオファーが多い。張りつめていた糸がプツっと切れてしまったようです」(深田の知人)

 同じホリプロ所属で日本のトップを走る女優として、深田、綾瀬、石原さとみ(34才)は常に比較されてきた。

 「ただ、石原さんは少し距離がある。深田さん、綾瀬さんはデビュー以来同じ敏腕マネジャーの下で育てられ、もう20年です。プライベートでも仲がよく、いいライバルでもあり親友ともいえる」(事務所関係者)

 深田のデビューは1996年。ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝き、芸能界の門をたたいた。1998年に金城武(47才)主演のドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で、HIVに感染した女子高生を好演すると、翌年には『鬼の棲家』(フジテレビ系)でドラマ初主演を果たす。『天地人』(2009年)、『平清盛』(2012年)とNHK大河ドラマにも出演し、一気に人気女優の地位を固めた。

NEWSポストセブン

関連ニュース