記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】延長、延長…ってキャバクラに通っていた頃以来、コロナは悪質ボッタクリ店だ! 接種困難な“ココロワクチン” (1/2ページ)

 緊急事態宣言がまたまた延長です。こうして「延長、延長」が続くなど、よっぽど気に入った女性がいたキャバクラに通っていた頃以来です。

 キャバクラの延長では鼻の下を伸ばしてご機嫌状態で、どうにかして女性をアフターに誘ってからモノにしようと躍起でしたから、店員からの「お時間ですが延長なさいますか?」という問いに「関係ねぇ、延長だ!」などと息巻いてました。結局、女性にはフラれて高い代償を払い、1人で深夜の歌舞伎町の寿司屋で肩を落とし、苦い酒を飲みました。

 キャバクラでの延長は伝票に料金が加算されて私の下心と経済にダメージを与えましたが、緊急事態の延長は国の伝票に料金が加算されて経済と国民の生活に多大なダメージを与えています。

 ダメージを受けましたが、私の通っていたキャバクラはそれでもまだ良心的なお店でした。一方、「コロナ」という悪質ボッタクリ店に入ってしまった日本は法外な延長料金を払うことができるのでしょうか?

 そんなこの国の窮状に対しては、絶対に何らかの形でこちら側にも負担がかかってくるのが目に見えているので絶望感しかありません。