記事詳細

木下優樹菜さん、タピオカ騒動にみる鋼のメンタル 「ケジメない人生」「芸能界に未練たらたら」など厳しい指摘相次ぐ

 昨年7月にタピオカ騒動で芸能界を引退した木下優樹菜さんに逆風が吹き荒れている。

 「木下さんをイメージモデルに起用していた会社から、前所属事務所だけでなく木下さん本人も提訴されていたことがわかりましたが、タレントが訴えられるのは異例です」(スポーツ紙記者)

 これにはモデルでタレントのアンミカは「バイキングMORE」(フジテレビ系)で、「よっぽど感情も含め、いろいろこじれた結果」「どこかが不誠実だったり、どこかがケジメがついていない」結果だったのではないかと分析した。

 また、アンミカは「都合の悪いことは言わなくていい逃げの手みたいに(引退が)使われている」「ケジメがない人生ってどうなんだろう」と厳しい指摘。

 「それでも木下さんにとっては屁でもないでしょうね。こうして話題になることで彼女を起用する企業もあり、実際モデル的な活動もはじめています。むしろ彼女はこの騒動すらおいしいと思ってるのでは。結局、木下さんは都合のいい時だけ素人で、いまでも芸能界に未練たらたらなんでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

 さんざんな言われようだが、木下のメンタルは鋼のように強く、誰よりも芸能人に向いているのは間違いない。 (zakzak編集部)

関連ニュース