記事詳細

カトパン電撃婚で再び「一般男性」トレンド入り「会える時点で一般でない」「定義求むw」 (1/2ページ)

 元フジテレビでフリーの加藤綾子(36)アナウンサーが一般男性と結婚したというニュースを受け、ネットで再び一般男性論争が勃発。7日朝、ツイッターで「一般男性」というワードがトレンドに入り、SNSにさまざまなコメントが寄せられた。

 サンスポ(電子版)によると、加藤アナは大安となった6日、都内の区役所に婚姻届を提出。気になる相手は、芸能人でもスポーツ選手でもない一般男性で、いつ、どこで出会ったかなども含めてベールに包まれているという。

 「カトパン」の愛称で親しまれてきた加藤アナ。彼女の結婚を受け、ネットでは“カトパンロス”が広がり、「仕事帰ろうかな…」「しばらく寝込みます」「ガッキーロスの次はカトパンロスね」「はぁ…。少し引きこもっていいですか…」などのツイートがズラリ。多くのファンから悲鳴の声があがった。

 そんななか、ネットで話題になっているのが、加藤アナを射止めたのが、「一般男性」であるという点だ。このごろは、女優や女性アナウンサーが、かつてのように、芸能人やプロスポーツ選手を選ばずに「一般男性」と結婚するケースが珍しくなく、最近では新川優愛や、河北麻友子、石原さとみらのケースが記憶に新しい。

関連ニュース