記事詳細

TBS・イケメンアナの二股疑惑と「イニシャルKの法則」 ナイツ塙が提唱、カトパン夫の元カノ・出水アナも餌食に (1/2ページ)

 イケメンというのは、やはりモテるのか。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のアシスタントを務める同局の斎藤ちはるアナ(24)との熱愛が報じられたTBSの小林廣輝アナ(27)に“二股交際”疑惑が浮上したのだ。しかもナイツの塙宣之(43)の提唱する、あの法則にのっとっているわけだからおそろしい。

 斎藤アナと小林アナの熱愛を報じた『FRIDAYデジタル』が続けざまに報じたのが、小林アナの二股疑惑。斎藤アナと会った翌日、小林アナは航空会社勤務の黒髪美女を自宅マンションに呼んだという。しかし、同誌の直撃には就職活動時の先輩と説明し、部屋には入れず、「部屋の前で話した」と釈明している。

 「小林アナは入社4年目ですが、高校時代には『ジュノンスーパーボーイコンテスト』でベスト20入りし、大学時代には『ミスター慶應コンテスト』で準グランプリに輝いたイケメン。斎藤アナは1カ月前にも『FRIDAY』に外資系イケメンとの焼き肉デートを報じられていますが、実はこのお相手が小林アナだったとのこと。小林アナもまさか自分が週刊誌に追われているとは思っていなかったのでしょうが、そんな状況で別の女性をマンションに連れ込むとは大したものです」と民放関係者。

 そしてこの顛末(てんまつ)でナイツの塙にいじられたのが小林アナの先輩アナの出水麻衣アナ(37)。

 12日、TBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』で、塙が出水アナに「関係あるでしょ、あなたに」と切り出すと、「『イニシャルKの法則』ですか? うれしいニュースでしたけど、アナウンサーとしては後輩になるんですか?」と問い詰めたのだ。

関連ニュース