記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】清水美依紗、圧巻のホイッスルボイス ディズニー“アルティメット・プリンセス・セレブレーション”日本版テーマソングに新人が抜擢 (1/2ページ)

 今夏公開のアニメ映画『竜とそばかすの姫』が話題になっている。

 監督はロングランヒットになった『時をかける少女』(2006年)、カンヌ国際映画祭で高く評価された『未来のミライ』(18年)の細田守。今作は、現実の世界で心を閉ざした女子高生が仮想世界と出合い、世界中から注目される中、突如現れた竜の正体探しが始まるというもの。

 メインテーマ『U』の作詞作曲はKing Gnuの常田大希。

 「インターネットの仮想世界の巨大な世界観を音楽で表現するために、どうしても常田さんに音楽を作ってほしかった」と細田監督が熱烈なオファーを送り、実現。

 「僕たちはインターネットの発達とともに成長し、世界中のいろいろな年代、ジャンルの音楽をインターネットを通してふれあい始めた世代。今作の世界観とリンクしたのでは」と常田。

 『U』を歌うのは、常田が主催する音楽集団millennium parade&Belle。ベルとは主人公・内藤鈴(ベル)の声を演じる中村佳穂。監督が「鈴を見つけ出す」と意気込んで臨んだオーディションで、圧倒的な歌声でその場にいた誰もを魅了し、選ばれたシンガー・ソングライター。

 ソロ、デュオ、バンドなど、さまざまなスタイルで活動をし、FUJI ROCK FESTIVALなどに参加。

 「さすが! 日本語をここまでグルーブさせられるシンガーはなかなかいない。うれしいサプライズだった」とは、常田の中村評。

関連ニュース