記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】余すとこなく使いつくす「お高いもの」 食品に日用品…食べて使ってすぐわかるその理由 (1/2ページ)

 ★其ノ参百八拾四 

 ペット用の吸水シートを定期的に購入します。最近の吸水シートは排泄(はいせつ)物のにおいも、ある程度閉じ込めてくれるタイプのものが多く、アロマの香りがついているタイプも人気があるようです。

 商品によっては、小型犬の尿なら3~4回くらいはバッチリしっかり吸収できます! 的な宣伝をしているような有能シートもあるので頼もしい限りです。ドッグランに連れていくため、キャリーバッグに入れて車で移動する場合なんかは助かる…と、犬を飼っている知人も言っていました。

 サイズ展開も幅広く、広げたら半畳分ほどのワイドな一品もあります。ペット用品の中でも、吸水シートはわが家では毎日使うものですから、機能の進化やバリエーションの豊富さはありがたく、思わず「企業さま~」と拝んでしまいます。

 気になるのは値段ですが、「大容量タイプはお買い得価格に設定しがち」というのが、またニクい計らいです。だからといってたくさん買いだめしすぎるのもよろしくないですが、ある程度はまとめ買いしてお得さを感じているのでした。

 しかし、中には高級志向の商品もありまして、先日ペットショップで珍しく割引セール中になっていた「ちょっと高級な吸水シート」を思い切って購入しました。

 使用してみてすぐ、「あー、だから高いんだ」と分かるような厚みと吸水&消臭力に恐れおののくばかりでした。

関連ニュース