記事詳細

カメラマンが語る雑誌『Momoco』の撮影裏話 アイドルとの2泊3日の旅 (1/2ページ)

 1983年創刊のアイドル雑誌『Momoco』の巻頭グラビア「Momoco写真館」は創刊号から、写真家の小澤忠恭氏が撮影を担当した。篠山紀信氏の元から独立して4年目、当時32歳の彼は、どのようにして人気グラビアページを生み出したのだろうか。小澤氏が当時を振り返る

 * * *

 いくら忙しいアイドルでも2泊3日の旅で撮影しようと編集部に提案しました。ところが売れっ子は時間が取れないから、必然的に新人が多くなる。これが業界の常識を壊しました。

 当時、『明星』『平凡』のような芸能雑誌では、新人アイドルは小さいモノクロ記事からスタートする。その後、1、2ページのカラーに昇格し、スターになったら巻頭を飾れる。

 『Momoco』はこの順番を無視して、いきなり新人に巻頭カラー16ページを割いた。他の出版社に行くと、「芸能界おかしくなっちゃうよ」と怒られました。でも、予定調和を壊したから読者に受けた。部数がどんどん伸びるので、事務所も無視できなくなり、治外法権のような雑誌になりました。登場してくれたアイドルは事務所やレコード会社の一推しの新人。陽気で希望に満ち溢れていた。だから表情も堂に入っていました。

 撮影では「心からの笑顔」と「恋している時の真顔」の落差で彼女たちの魅力を引き出そうと考えていました。15年くらい前、酒井法子さんと仕事をした時、「小澤さんって1回も『笑って』と強制しなかったよね」と言われました。

 注文から生まれる笑顔は大したことないんですよ。ただ、「誰かに勝つとか負けるとか考えないで。嫉妬が表情に出るから」というお願いはしました。無理な笑顔も泣き顔もいらない。レンズを向けながら、心の中で彼女たちに「輝け!」と叫んでいました。本物の輝きを撮るために、2泊3日が必要だったんです。

NEWSポストセブン

関連ニュース