記事詳細

南野陽子「それまでのアイドル像とは真逆」なアイドル時代を振り返る (1/2ページ)

 SNSでの発信や動画配信などもあり、近年のアイドルはファンとの距離が近くなったが、昭和のアイドルは文字通り“高嶺の花”だった。それまでのアイドル像を壊し、「王道」への挑戦を続けた南野陽子が、80年代中期「アイドル四天王」の時代を振り返る。

 * * *

 今考えれば私は80年代のいわゆる“王道”のアイドルとは違ったように思います。私がデビューした80年代半ばは、アイドルはオーディションでグランプリを取り、聖子ちゃんカットにミニスカートで、フレーズが何回もリフレインするキャッチーな歌詞の歌を歌っているというものでした。でも私はオーディションを受けたわけでもなく、聖子ちゃんカットでもなく、洋服もロングスカート。それまでのアイドル像とは真逆でした。

 でもそれが、王道アイドルになりたくてやってくる女の子と違い、新鮮だと感じてくれた当時30代の若手のクリエイターたちの考えにうまく合致し、受け入れてもらえたのだと思っています。これから来る好景気に向かって、時代が大きく変わるタイミングだったのも良かったのかもしれません。私の個性や考え方を尊重してくれたスタッフが素晴らしかったです。“実験的”だったかもしれませんが……(笑い)。

NEWSポストセブン

関連ニュース