記事詳細

椎名桔平&原田知世の熱愛と山寺宏一の年の差婚 ネットの反応が対照的だったワケ (1/2ページ)

 6月の半ば、同年代2人の男性芸能人の熱愛と結婚が報じられた。1人は椎名桔平(56才)で、お相手は原田知世(53才)。もう1人は山寺宏一(59才)で、お相手は31才年下のタレント、岡田ロビン翔子(28才)。どちらもおめでたいニュースだが、ネットでは意外な現象が起きた。2人の熱愛報道に対する反応が対照的だったのだ。

 椎名と原田の熱愛報道は18日発売の『フライデー』で報じられた。同誌は2人がホルモン焼き店でデートする姿をキャッチ。一方の山寺は14日、ツイッターで入籍を報告した。椎名と原田に対しては、

 「大人のカップル いいと思います」

 「めちゃくちゃお似合いだと思う」

 「同年代同士の熟した大人のお付き合い素敵でいいじゃないですか」

 といった好意的な声が寄せられたが、山寺に対しては、

 「山ちゃん、若い子好きだね~」

 「うーん、2回離婚となると結婚には向いてないのでは」

 「親子と言ってもいいくらいの差。声優と元アイドルとの組み合わせも意外だった。お互いが幸せならいいんだけどね」

 など、やや引いたようなコメントが少なからず寄せられる事態に。もちろん祝福の声もあるが、どこか冷ややかな反応が目立った。これについてネットニュース編集者はいう。

 「他人事とはいえ、山寺さんの結婚相手の年齢は半分以下。しかも2度の離婚歴があるため、どうしても“色眼鏡”で見ざるを得なかったのでしょう。おまけに前妻の関係者が『うわ…やっぱりね…最低…』とツイートしたところ、前妻が『いいね!』を押すという騒動も発生。これが山寺さんの入籍と関係があったのかどうかは不明ですが、これも微妙な反応を引き起こしました。

NEWSポストセブン

関連ニュース