記事詳細

宮迫博之“闇営業”騒動の後遺症はかなり重い? 出演シーンをカット…ロンブー亮との差 (1/2ページ)

 現在は、ユーチューバーとして活躍する雨上がり決死隊の宮迫博之(51)だが、いまだ地上波にはお呼びがかからないなど、一連の“闇営業”騒動の後遺症は相当重いようだ。いったいどうなっているのか。

 宮迫は、公式動画チャンネル『宮迫ですッ!』がコラボ企画などで注目されたこともあって、登録者数も141万人を超えており、いまや人気ユーチューバーとして成功を収めているといっていいだろう。

 しかし、「宮迫自身はまだ地上波への復帰を望んでいます。しかし、現実はなかなか厳しいようです。昨年末には電話ですがバラエティー番組に出演しました。相方の蛍原徹(53)もさまざまな番組で宮迫のことを語るようになっており、地上波への道は好転したかのようにみえましたが、それでもまだテレビ復帰には至っていません」と週刊誌記者。

 そんな宮迫の苦しい状況を示したのが、今月24日からスタートする公式ファンクラブ&動画配信サービス「アメトーークCLUB」だ。

 過去の番組もアーカイブとして見ることのできるコンテンツだが、番組CMの中で、演出・エグゼクティブプロデューサーを務める加地倫三氏はこう発言している。

 これまで過去作を放送する際、宮迫の出ているシーンをカットするなどしているが、「アメトーークCLUB」ではそうした処理をしなくて済むことについて、加地氏は「地上波だとどうしても切るじゃないですか」と蛍原に説明している。つまり宮迫の映像は地上波ではまだ使えないということだ。

関連ニュース