記事詳細

山口百恵さんの覚悟 ファンの前での交際宣言から40年以上愛を貫く (1/3ページ)

 山口百恵さん(62才)の引退コンサートが1月下旬にリバイバル放送され、大きな話題となった。14才から21才までのわずか7年間という芸能生活でまばゆく輝いた百恵さんだが、引退以来、芸能界には復帰していない。その覚悟の裏側には、何があったのか。

 草花のように色や形が目に見えて変わらない人の心こそ、環境によって移ろいゆくもの--。平安時代の歌人・小野小町は、男性の恋心の変化をこう詠ったが、男女の差なく、環境が変われば人の気持ちは変わるもの。入社・結婚・出産・育児。退職・転職・独立・定年……多様性の考えが広がり、人生の選択肢は広がる一方で、先の見えない不安な情勢が続き、自分の選択が正しいのか判断がつかない。

 そんないまの時代に、引退から40年という節目を迎えた山口百恵さんが歩んだ芸能生活を追いかけてみることで、「揺るがない覚悟の美しさ」を学んでみるとしよう。

 「『ねえマッチ、これをあげる』。そう私をあだ名で呼びながら、百恵さんは私に、黒帯に金のあしらいがされたサンダルをくれました」

 そう声を弾ませるのは、大ヒット曲『かもめが翔んだ日』でおなじみのシンガーソングライター・渡辺真知子(64才)だ。

 「特別な日でもなんでもない、普通の一日に突然くれたんです。だから鮮明に覚えています。本当にうれしかったなぁ。いまも大切に持っています」

 年齢は渡辺が2つ上だが、芸能界では百恵さんが5年先輩。同じ神奈川・横須賀出身で、所属レーベルが同じという共通点もあり、当時2人は互いを“マッチ”“モモちゃん”と呼び合い、百恵さんにとって数少ない親友の1人だった。渡辺は、いままで語っていなかった百恵さんへの想いを今回、本誌・女性セブンに語ってくれた。

 「初めて彼女とお話ししたのは1978年頃の歌番組の楽屋だったと思います。一言、二言だったと思いますが、百恵さんは落ち着いて堂々としていて、とても自然でした。19才だなんて思えませんでした。あれほど仕事が忙しいのに、とてもひょうひょうとしていたんです」

NEWSポストセブン

関連ニュース