記事詳細

「あさイチ」に、さかいゆう登場 「愛燦燦」カバーに「AIひばりいらない」と大吉 ツイッターではSMAPロスも垣間見える (1/2ページ)

 25日放送のNHK朝の情報番組「あさイチ」に、シンガー・ソングライターのさかいゆうが登場。ヤフーのリアルタイム検索トレンド上位にランクインして、注目が集まった。

 番組内の「特選エンタ」のコーナーに、スタジオゲストとして生出演し、ピアノの弾き語りで美空ひばりさんのヒット曲「愛燦燦」と自身の楽曲「愛の出番」を披露した。

 2009年にメジャーデビューして以来、アニメ、映画、CMなどの楽曲を手がけ、幅広いジャンルで活躍。透明感のあるハイトーンボイスが特徴で、小泉今日子、SMAP、薬師丸ひろ子、Sexy Zoneなどにも楽曲提供しており、アーティストからの評価も高いことなどを紹介。トークでは、若い頃ミュージシャンになる気がなく、音楽を始めたのも22歳と遅かったこと、音楽を始めた後も成功する気がなかったことなど、独特の価値観が明かされた。

 生演奏では「愛燦燦」への反響が多く、ツイッターには、「凄い 心に響く」「朝からえぇもん聴かしてもろたわぁ」「ひばりさんみたいって お母さんが泣いてます」など、この放送で初めてさかいを知り、そのパフォーマンスに感銘を受ける視聴者が続出。番組MCの博多大吉は、2019年のNHK紅白歌合戦で話題となったAIで再現した美空ひばりさんを引き合いに出し、「AIいらなかったなと思って。さかいさんいるならいいじゃん」と発言。これに「大吉さんと同じ事思った」と同意する視聴者も見られた。

関連ニュース