記事詳細

原作者が熱く語る…ドラマ「全裸監督」の舞台裏! 「無名の演者に未来と希望与えた」 (1/2ページ)

 伝説のAV監督、村西とおる氏を描いた『全裸監督season2』がNetflixで世界190カ国に配信され、話題を集めている。その影響はトリノ五輪代表フィギュア選手、村主章枝氏が配信開始を歓喜し、主演の山田孝之の演技を称賛するツイートをするほどだ。原作者の本橋信宏氏がその舞台裏を熱く語った。

 「ファンタスティック!」と本橋氏は反響を喜ぶ。2016年に太田出版から刊行された本橋氏の著書『全裸監督 村西とおる伝』が原作。今春には新潮社から文庫本も発売された。さらに村西とその後のAV業界をつづる『新・AV時代 全裸監督後の世界』(文春文庫)も刊行された。

 シーズン1はサラリーマンから村西が裏本の世界を経て、AV帝王に成り上がるストーリーだが、シーズン2は巨万の富を失う転落劇。村西率いるサファイア映像の大黒柱、川田研二役を玉山鉄二が演じているが、真面目そうな外見など当時の本橋氏がモデルになっているという。

 乃木真梨子を演じた恒松祐里について、本橋氏は「写真で見る美しさが映像でより引き立ちます。清涼感があって、大物感もあります。気品があるところも乃木さんと似ています」と絶賛。

 クラブホステスのサヤカを演じた西内まりやについては、「筑波久子、前田通子で途切れた日本映画のヴァンプ女優の命脈を復活させた。西内まりやと血まみれのトシ・満島真之介はネオン街のロミオとジュリエットだ」(本橋氏)。

関連ニュース