記事詳細

小島瑠璃子“玉の輿婚”より「自分で稼ぐ」宣言 破局報道前に「結婚って何?ムズっ…」

 人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏と小島瑠璃子が破局していたことがわかった。

 2人は昨年7月、福岡市内でのデートや、原氏のマンションに小島が連泊する様子などが報じられ、小島も自身のラジオ番組で交際を認めていた。

 「小島さんが原氏の大ファンで、テレビ番組での対談をきっかけに意気投合。しかし、原氏が昨年3月に離婚していたことを発表するや、玉の輿狙いだの、小島さんの略奪だったのではないかなどという疑問の声があがりました。実際、2人の交際は離婚後で、それについては原氏の親族も認めていますが、“無双”と言われた小島さんの好感度は下降気味でした」(スポーツ紙記者)

 その後も順調な交際ぶりはうかがえたが、今年に入ってからは破局説も。しかし3月末には小島がテレビで「幸せ」と明かしていた。

 「2人は結婚も視野に入れているとみられていましたが、19歳という年の差や、コロナ禍での東京と福岡という遠距離がネックになったと言われています」(前出・スポーツ紙記者)

 ただ、破局報道の数日前に放送されたバラエティで小島は「自分で稼ぎたい」と発言。さらには、プライベートが充実すると仕事が揺らぎ、それが怖いなどと話し、「私、誰と結婚したらいいんですかね。いままでコツコツ、プライベートの楽しい時間も自由もぜんぶ犠牲にして、でも(仕事が)好きだから。これを邪魔しない結婚って何?ムズって思っちゃって」などとグチっている。

 玉の輿婚より、小島、自分で稼ぐってよ。 (zakzak編集部)

関連ニュース