記事詳細

NHK五輪中継に櫻井翔&相葉雅紀「嵐2人共演ルール」の裏事情 (1/3ページ)

 「櫻葉ペアに決まってうれしい!」と歓迎する声がある一方、「やはり5人は揃わなかったか……」と落胆の声も聞こえてきた。6月23日、NHKは定例会見で嵐の櫻井翔(39才)と相葉雅紀(38才)が東京五輪のスペシャルナビゲーターに就任することを発表した。

 2人は大会期間中、競技中継のスタジオでMCを務め、大会の模様や選手の活躍を伝える。さらに、嵐が歌う『カイト』は引き続き「NHK2020ソング」として、テレビ番組などで使用されるという。しかし、この吉報に一部のファンは意気消沈した。というのも、このタイミングでの嵐の再集合が期待できなくなったからだ。

 「NHKはわざわざ『大野さん、松本さん、二宮さんの出演はない』とコメントしました。これによってファンは、活動休止中のメンバー同士の共演は2人までという“鉄の掟”の存在を痛感させられたのです」(テレビ局関係者)

 芸能活動を一時休止している大野を除いた4人が集まれば、大野の不在が際立ってしまう。3人が集まれば、1人が仲間はずれのように見えてしまう--ファンを心配させないため、現在の嵐にはこうした「2人共演ルール」が徹底されていると、まことしやかに囁かれていた。しかし、今回の“人事”は事情が異なるという。

 「NHKがこの2人を指名したということです。ほかのメンバーが断った結果2人になったわけではありません」(芸能関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース