記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】ツッパリ系最後の作品 「十戒」に「イライラするわー」 (1/3ページ)

 デビュー3年目を迎えた中森明菜は、与えられた作品を単に「演じる」のではなく、自らが「時代の空気を体現し始めた」と関係者はいう。

 「楽曲も徐々に多様性に満ちたアーティスティックな作品を求めるようになっていた」

 所属レコード会社のワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽宣伝課で明菜の担当プロモーターだった田中良明(現在は「沢里裕二」として作家活動中)は、当時の明菜を鮮明に記憶する。

 「僕たち旧世代的アイドル感覚の捨てきれないスタッフと明菜の間に溝が生まれ始めた時期でしたからね。とにかく作品からファッションセンスに至るまでどんどん乖離(かいり)していくのです。特に『十戒(1984)』では、かつての“ツッパリ3部作”(『少女A』『1/2の神話』『禁区』)の売野(雅勇)さんに戻ったのですが、明菜自身は多分『もうこういった企画じゃないんじゃないの』って思っていたように感じますね」

 『十戒(1984)』は売野と当時、ギタリストとして人気の高かった高中正義が組んだ異色の作品。プロデュースは明菜をデビュー当時から担当してきたワーナーの島田雄三。売野が島田と打ち合わせて進め、明菜の意見はまったく聞くことがなかったという。

 そういえば『北ウイング』もそうだった。作詞の康珍化と作曲の林哲司は明菜の指名だったが、林には「杉山清貴とオメガトライブの『SUMMER SUSPICION』のような曲を作ってほしい」との伝言のみで、明菜との打ち合わせはまったくなかった。

関連ニュース