記事詳細

出水アナの神対応、久代アナの異動など 女性アナ事件簿の裏側を分析 (4/5ページ)

 ◆局内外に過去最大級の衝撃が走った「異動のニュース」

 「大学院に通い直してキャリアアップした女子アナ」の筆頭は、最近、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などのコメンテーターとしてもおなじみの元フジテレビアナウンサー、菊間千乃弁護士(49才)です。

 いまもネット上では「なんで出てるの?」という声が少なからずありますし、『めざましテレビ』(フジテレビ系)で中継中に遭った転落事故のことを思い出すかたも少なくないでしょう。でも、菊間さんはたくましいですよね。コメンテーター仕事にもすっかり慣れて、MCから専門的なコメントを求められても、答え方がどんどん鮮やかになっていらっしゃいます。

 そもそも「アナウンサー」は、何千人もの応募者の中から勝ち上がってきたかたたち。在京局が有するアナウンススクールでは青田買い的なことも行われ、東京でダメでも地方の系列局へ……というパターンもあるのです。年々、試験というよりはオーディションのような雰囲気が増すなかで、選ばれし者がアナウンサーなのですが、7月はテレビ局の異動シーズンが到来。今回ほど局内外に大きな衝撃が走った異動のニュースというのもなかったと思われます。

 私がかなり推していて何度もコラムで絶賛してきたフジテレビの久代萌美アナ(37才)がネットワーク局へ異動になってしまいました。局内随一のオシャレさんで、『週刊フジテレビ批評』を担当していた時代には、他局のドラマを涼しい顔をして推していた彼女。『さんまのお笑い向上委員会』や『ワイドナショー』のMCもハマっていて、お笑いに理解のあるフジテレビっぽいアナウンサーだと思っていたのですが、残念です。

NEWSポストセブン

関連ニュース