記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】安定の相葉くんで「無観客」NHK五輪中継に期待 (1/2ページ)

 「2021 FNS歌謡祭 夏」(フジテレビ系)が14日午後6時半から放送される。有名アーティストの異色コラボも楽しみな年2回の大型音楽番組。昨年末には、石橋貴明(59)と工藤静香(51)によるLittle Kissが23年ぶりに「A.S.A.P.」を披露して強烈なインパクトを残した。

 この番組で、メインMCを務めるのが「嵐」の相葉雅紀(38)で、2019年12月から回を重ねるごとに円滑で、一歩引いてアーティストを立てる姿勢が好ましい。

 相葉といえば、「VS嵐」の後継番組「VS魂」(フジ系)では、活動休止中の「嵐」のメンバー中、ただ1人番組を引っ張る存在に抜擢。コロナ感染でこの世を去った志村けんさんの「天才!志村どうぶつ園」では、周囲から後押しされて「I LOVE みんなのどうぶつ園」(日テレ系)のメーンMCとなり、園長(志村さん)の遺志を引き継いでいる。

 3つの番組をそれぞれ1人で引き継いだときのプレッシャーは計り知れない。だが、「気負わず、決して自分は前へ前へと出ない形で、タイプの異なる番組を回しながら、実力をつけてきた。自らを追い込んで、覚悟をもって勤勉に取り組んでいる」と放送関係者からの評価は高い。

関連ニュース