記事詳細

田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か (1/3ページ)

 近年の芸能界では、「マネージャークラッシャー」なる言葉が急浮上している。人気タレントの担当マネージャーが次々に辞めていき、その芸能人とスタッフの関係性が問題視されているのである。

 今年に入っても、「田中みな実がマネージャー5人交代」や「長澤まさみのマネージャー次々交代」のニュースが報じられるなど、今まで以上に問題視されるようになってきた。今一度、2人の内情を振り返る。

 田中を古くから知る、ある民放のテレビ番組制作者は「局アナ時代から、田中さんの評判はすこぶる良かった。番組スタッフ300人全員分のメッセージ付き手作りクッキーを差し入れした逸話や、若手ADにもきちんとあいさつする姿勢など。『あざとさも田中さんほどに極めれば、一流の気遣い』と絶賛されています」と話す。

 ただ、一方では「TBSから独立後に所属した芸能事務所では、6年間で4人もマネージャーが交代。ある関係者は『マネージャーを使い走りにするのは当たり前。気に入らない衣装の時などはひどく怒鳴り、業務連絡も無視するようです』と内情を話していました」と、内輪には厳しい素顔が見られた。

 結果、昨年夏には、亀裂が修復不能となったその事務所から、女優を多く抱える現芸能事務所に移籍。しかし、そこでも、かつて広末涼子(40才)ら売れっ子を担当していた敏腕マネージャーが彼女についたにもかかわらず、この春で退社してしまった。

NEWSポストセブン

関連ニュース