記事詳細

ずうとるびが41年ぶりにシングル発売 「2度目の紅白狙ってます」

 伝説のアイドルグループ「ずうとるび」が41年ぶりにシングルをリリース。表題曲『SAIKAI~ああ麗しのみかん色~』は昭和アイドルテイスト満載のレトロなアッパーチューンで、メンバーの“再会”、そして活動の“再開”をかけた、おじさん青春ソングとして軽快なナンバーに仕上がっている。

 カップリングの『娘ドロボウ』は、娘を嫁に出す前日の父親の心模様を歌った曲。最後は娘婿を「娘ドロボウ」と呼んでしまうほどの取り乱しぶりを、心地よい湘南サウンドで歌うコミカルさがほほえましい。まさに「ずうとるび」にしかできない表現で、結婚式の定番ソングになる予感。

 21日からずうとるびのオフィシャルオンラインショップ(https://zutorubi.official.ec/)で発売される。

 15、16の両日、東京・築地本願寺ブディストホールで開催されたツーデイズ公演で、新井康弘は「もともとチームプレーが苦手だったメンバーが再び集まって、それぞれが個性を持ち寄って悪だくみ。図られたと思って1曲お試しあれ! 大丈夫! 皆さん図られることには慣れてらっしゃるんだから(笑)。結構、心に染みる2曲であります」とアピール。

 山田たかおは「2度目の紅白歌合戦を狙う元アイドル、今オイドルの山田たかおです。亡くなったら棺おけに新曲CDを入れておいてください。よろしく!」。

 江藤博利は「解散して四十数年たち、再会してCDを発売できるなんて夢にも思ってませんでした。みんな還暦を過ぎておのおのの道を進んでいて、また一緒にできるなんて。この素晴らしい人生をファンやメンバーとともに楽しんでいきたいと思います。久しぶりの再会に感謝」と語った。