記事詳細

女優・宮本茉由 クールに思われがちだが…「どっちかというと、情熱的」 (3/3ページ)

 女優は3年目を迎えたが、「女優の仕事は難しいので、日々『戦いにいくぞ』と出撃する感じです。今日は違う環境で頑張るぞって」と熱い気持ちが高まっている。

 「旅番組や、ネットフリックスの作品に出るのが夢です。もっと映画にも出たいですね」というので、ゾンビ映画なんかはどうですかと振ってみると、「ゾンビ映画なら、誰よりもプロの戦い方ができると思うし、ゾンビ指導もできますよ。将来は監督とか、女優しながら演出するのも楽しそうだな」とのこと。

 さすが脳内で戦ってきただけある。

(ペン・海野慎介 カメラ・宮崎瑞穂)

 ■宮本茉由(みやもと・まゆ) 1995年5月9日生まれ、26歳。秋田県出身。2016年9月、第1回ミス美しい20代コンテストで審査員特別賞を受賞。17年2月から『CanCam』(小学館)で専属モデル、18年10月に『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で女優デビュー。月9『監察医朝顔』(フジテレビ系)をはじめ連続ドラマ、損害保険や梅酒などCMに多数出演。今月10日から『ボイスII 110緊急指令室』で指令室の副室長役を演じている。来夏公開の『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』で映画初出演。

関連ニュース