記事詳細

【田中星児 伝説のステージ101を大いに語る】「“うたのおにいさん”は付き合いが悪いので有名だったね」 (1/2ページ)

 歌手、田中星児(73)もヤング101のメンバーとして活躍した『ステージ101』(NHK)。若く、熱い彼らのバックステージはどうだったのか。

 「メンバー内の一部では誰と誰が付き合っているとか、そういう話もあったようですが、みんな歌やダンスに必死でしたよ」と田中は振り返る。

 特にダンスが不得手だったとあって同じセカンドテナーだった黒沢裕一とレッスンを重ねた記憶がよみがえる。

 「振り付けをなかなか覚えられなくて、黒沢君には順番をよく教えてもらいましたよ。どうやったらかっこよく踊っているようにみえるかも分からなくて、体の姿勢や腰のひねり方、両手の使い方などコツを伝授してもらいましたね」

 ヤング101には、その後もシンガーとして活躍するメンバーが多かった。「ノコ」の愛称で知られ、レコードデビューもした井口典子。田中は振り返る。

 「彼女はハスキーでジャズっぽいのが本当にうまいんです。番組が始まる1年ほど前に、NHKの軽音楽オーディションを受けたそうで、審査員に、後に『ステージ101』を立ち上げる末盛憲彦さんがいたんです。後で連絡するといわれて、電話があったのは1年後。その時からヤング101のメンバーを探していたんでしょうね」

関連ニュース