記事詳細

【宝田もなみ バイブスあがってる?】少し人種が違うセクシー女優 一部で漫画みたいな話も…変わらない生活の振り幅 (1/2ページ)

 オッドタクシーの最終話を見てからもう一ヶ月近く経っていて、このコラムが読まれている時には東京オリンピックがすでに始まっていると思うと、時の流れの速さに感慨すら覚える。そういえば東京オリンピックの開催が決まった時、それはつまり2013年まで遡ってみると、私はまだただの学生で、7年後なんて自分が何をやっているかも、そもそも東京にいるかもわからないし、なんなら結婚したり子供産まれたりしてるかもしれないよなあなんて思っていた。実際は 7年後どころか 8年後になった今も全然東京にいるし独身だし、予想していなかったのはAV女優になっていることと未知のウイルスで世界が大変なことになっていることくらいで、現実っていうのは案外味気ない。8年経ったところで好きな音楽も好きな食べ物もそんなに変わらないし、変わらない自分に失望すらしてしまうくらいだ。

 変わらないといえば、AV女優になったら変わるかなと思っていたこともそういえば結局ほとんど変わっていない。世間でのAV女優のイメージは色々あるだろうけれど、一般的にはお金に困っている、ホストにハマってる、誰かに騙されている、整形をよくする、ブランド品が好き、とかそんな感じだろうか。こういうステレオタイプのイメージはその一部は確実に当たっている。いざ業界に入ってみると、当然そういう人ばかりではないことにも気づくけれど、それでもやっぱりその辺のOLさんとはちょっと人種が違うよなあと思うことが多いのは事実だ。