記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾のイジメ騒動に見る“メディアの脇の甘さ” Eテレ番組でテーマ曲担当も

 東京五輪開幕直前に、ダメ押しとばかりに大炎上したミュージシャン、小山田圭吾(52)のイジメ騒動。一般紙の1面に「小山田圭吾氏」の活字と顔写真が載った。

 「当初、開会式は音楽家の坂本龍一に依頼がきたそうです。でも彼は、五輪は“五輪貴族”による利権大会と見抜いていますから、即刻断った。おこぼれの名誉に食いついたのが小山田だったわけです」と音楽関係者。

 その名が表に出ると同時に、しでかした過去が小山田の今を襲撃した。

 「イジメの問題はすでにいろんなところで出尽くした感がありますから控えますが、今回、問題の根源に見えたのはメディアの脇の甘さです。小山田のインタビューを掲載した雑誌は問題外ですし、特にネット時代にもかかわらず“身体検査”が甘いと感じたのがNHK。Eテレの番組でテーマ曲を担当していたわけですから」とスポーツ紙放送担当記者。

 「そのことに気づいていたのに、これまで問題化しなかったわれわれもダメですけどね」と自虐気味に付け加える。

 世界的なイベントに参加してアーティストの名声は拡散する。小山田も本来はコアなファンを超えて一般的な名声を獲得できたかもしれない。しかし過去を清算するには並外れた労力がいることを小山田問題は示した。 (業界ウオッチャーX)

関連ニュース