記事詳細

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】デビュー3年で楽曲、人気は不動のものに 84年、アルバム「POSSIBILITY」が大ヒット (1/3ページ)

 中森明菜の“旅曲”を集めたアルバム『POSSIBILITY(ポシビリティ)』が発売されたのは1984年10月10日だった。

 キャッチ・コピーは《明菜の中に無限の宇宙を見た。》。明菜にとっては通算6枚目のスタジオ録音アルバムでもある。

 初登場1位に輝いたシングル・ヒット曲『サザン・ウインド』、そして『十戒(1984)』を収録した上、さらに『北ウイング』の“続編”として康珍化(詞)と林哲司(曲)コンビが書き下ろした『ドラマティック・エアポート-北ウイングPartII-』も収められるなど、明菜にとっては「デビュー3年の歩みを総括するような作品集に仕上げられていた」(音楽関係者)。

 プロデューサーでディレクターだった島田雄三は、デビュー3年目を迎えた明菜の最初のアルバムは“旅”をキーワードに厳選した楽曲で構成した作品集を作ることで「明菜の魅力を再発見したい」と考えたようだ。

 《未知なる世界を宇宙というなら、明菜だってこれは、もうりっぱな宇宙といえるのではないでしょうか。既成の概念を破って、新しい境地を次々に拓いてきた明菜は、無限大の可能性を予感させてくれます。そしてまたしても! 明菜のニューアルバム“POSSIBILITY”。この直径30センチの小宇宙で、君はまたニューな明菜に出逢うはずダ!!》

関連ニュース