記事詳細

チョコプラ、東京五輪開会式のピクトグラムをパロディー 「もはや新しい競技」とツッコミも (1/2ページ)

 お笑いコンビ、チョコレートプラネットが26日にYouTubeチャンネルで公開した動画が人気を集め、再生回数を伸ばしている。「ピクトグダグダム」と題した動画では、東京五輪の開会式で話題を呼んだ「ピクトグラム50個の連続パフォーマンス」をパロディー。長田庄平が青の全身タイツに白のタンクトップという装いでピクトグラムを表現、松尾駿が白の全身タイツ姿で黒子役としてサポートし、息の合ったパフォーマンスを披露した。

 チョコプラの動画でもパントマイムのパフォーマンスということで2人が何かを口にすることはなく、長田の動きや小道具を使ってピクトグラムを表現。4分10秒という尺の動画で30のピクトグラムを披露した。「ピクトグダグダム」というタイトル通り、グダグダになる一幕もあるが、芸人らしく笑いを誘う1本となっている。

 動画のコメント欄には「本家ももう一回見ましたwどちらも最高です」「途中からただの記念撮影になってるの笑う」「こういうのすぐやるところが凄い。楽しそうでこちらも自然に笑顔になってた」「チョコプラは本当になんでも面白くするわ 天才です」などの書き込みがズラリ。

関連ニュース