記事詳細

「女王蜂」のアヴちゃんトレンド入りにファン驚く アニメ映画「犬王」で主役抜擢 「お茶の間に見つかっちゃう」と複雑な反応も (2/2ページ)

 世界3大映画祭の1つであるベネチアのコンペ部門に選出された大作アニメの主役という大抜擢に喜びつつも、「世間がアヴちゃんの凄さに気付き始めた……嬉しいような寂しいような…」「女王蜂のアヴちゃん が ついにお茶の間に見つかっちゃうのか! 感無量」と、アヴちゃんの認知が広まることについて複雑な心境をのぞかせるファンも散見された。

 「これ、スタッフ陣凄すぎひんか?」との反響があるように、ほかのキャスト、スタッフの豪華な顔ぶれに興奮するユーザーも少なくない。「湯浅監督やしアヴちゃんやし森山未來やしすっご」「湯浅政明監督×松本大洋先生は(14年にフジテレビ系アニメ番組「ノイタミナ」の中で放送されたアニメ版)ピンポン以来のタッグだ!」「脚本野木亜紀子の時点で間違いないのにアヴちゃんで松本大洋なのはもう興味の塊すぎる」「脚本野木さんだし音楽大友さんだしすげぇ見たい」など、数々の名作、ヒット作を送り出してきた一流のクリエイターのコラボレーションに期待が高まっている。

 特報映像では、BGMでの歌声と、犬王を演じるアヴちゃんの声の両方が確認できる。動画のコメント欄には、「アヴちゃんの声カッコいい…」「喋るアヴちゃんやばくね」とその多才ぶりに圧倒される視聴者が続出。「あの低音からファルセットまでの距離を瞬間移動できる人、他に知らない」との指摘があるように、音域が広く、中性的でありながらパワフルでもあるアヴちゃんの声の魅力が、短い尺の中で存分に発揮された映像となっている。(iza)

関連ニュース