記事詳細

各局五輪中継「キャスター通信簿」 テレ朝の内田篤人がひとり勝ち? (1/6ページ)

 熱戦が繰り広げられる東京五輪では、選手だけでなくキャスターたちもしのぎを削っていた。各テレビ局のキャスティングは吉と出るか、凶と出るか。大物司会者から、元アスリートまで、仕事ぶりを徹底評価する。

 「まさか、こんなところで“五輪史上初”の記録が出るとは思いませんでしたよ……」

 日本テレビの関係者が頭を抱えるのも無理はない。事件が起きたのは、開会式翌日の7月24日。スペシャルサポーターを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(51才)の新型コロナウイルス感染が発覚したのだ。前日の23日、上田は国立競技場の記者席で開会式を取材していた。

 「上田さんは各選手のプロフィールから競技の細かなルールまで非常によく勉強していただけに、かなり落ち込んでいるといいます」(日本テレビ関係者)

 濃厚接触者はいないとのことだが、局の顔が欠けるという一大事。しかし、代役を立てる予定はないという。

 「回復を待つということになっていますが、実際のところほかに選択肢がないんです」(前出・日本テレビ関係者)

 競技会場に立ち入るには、IOCに対して事前に「アクレディテーション申請」を済ませ、承諾を得る必要がある。

 「アクレディテーションとは、簡単に言えば入館証のようなもの。各局、五輪番組の出演者分は、事前に申請しています。しかし、このタイミングではすでに申し込みが締め切られているため、代役を立てられないのです」(前出・日本テレビ関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース