記事詳細

篠原涼子、親権放棄の裏側 夫の「浮気はしてもいいから」懇願を無視 (1/6ページ)

 芸能界屈指のおしどり夫婦と言われていた市村正親(72才)と篠原涼子(47才)が7月24日、離婚を発表した。2005年12月に結婚した夫妻の間ではここ数年間、不仲、別居説がささやかれていた。しかし、それらは常に本人たちによって否定されてきた。篠原をよく知る芸能関係者はこう話す。

 「ついに、という感じです。ただ、発表されたコメントからはお互いへの尊敬や感謝ばかりが目に付き、離婚の理由が一切語られていないのです。それに、親権を市村さんが持つことについて、彼は《人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました》と書いていますが、年齢的なことを考えても、篠原さんが持たないことに首をかしげるばかりです」

 2人の子供は現在中学1年生と小学4年生で、市村は72才。下の子が成人になるまではまだかなり時間があるが、それでも市村がシングルファーザーになったのだ。

 「そもそも、協議離婚の場合、親権は8割方母親が持ちます。高齢の父親が持つのは極めて異例。あくまで一般論ですが、母親側に親権を持てない事情や、自ら持たないことを選択した可能性も考えられます」(離婚に詳しい弁護士)

 2人の出会いは20年前に遡る。2001年9月、篠原の初舞台『ハムレット』で共演したのが、市村だった。篠原は市村の演じるハムレットのお妃候補・オフィーリアを熱演。この共演をきっかけに24才差の2人は交際をスタートさせた。当時、市村には妻がいた。

NEWSポストセブン

関連ニュース