記事詳細

NHK和久田麻由子アナ「視聴者の心を捉えて離さない」目元の秘密 (1/2ページ)

 平均世帯視聴率54.8%を記録したNHKの五輪開会式中継で、会場演出以上に光ったのが和久田麻由子アナの実況だった。落ち着いた語りで各演目の背景まで解説する和久田アナに、SNSでは〈声だけで癒される〉〈彼女が中継担当で良かった〉といった称賛が溢れた。

 五輪特番から報道帯番組、ドキュメンタリーの司会進行まで、いまやNHKのエースアナの座を不動のものにした和久田アナ。

 和久田アナは、名門私立・女子学院から東京大学経済学部に進学し、2011年にNHKに入局。東大の同期生によると、「東大在学中から“すごい美人がいる”と評判でした。ラクロス部のマネージャーをしていて、グラウンドには“わくちゃん”目当ての男子学生が見に来ていた。ミスコン出場の誘いも受けましたが、丁重に断わったそうです。美人で頭脳明晰なのにおっとりとして親しみやすく、男女問わず人気があった」という。

 元NHKアナの堀尾正明氏は、先輩の立場から和久田アナについて、「アナウンス能力は抜群です。NHKの女性アナは声質が低い人が多いんですが、彼女の声質は高めだけど滑舌が良いので、とても聞き取りやすい。アナウンサーは実況力、司会力、インタビュー時の聞き出す力、そして声だけのナレーションなど『総合力』が求められますが、彼女はオールラウンダーです」と絶賛する。

NEWSポストセブン

関連ニュース