記事詳細

【中本裕己 エンタなう】松竹の映画史を自在に遊泳、山田洋次監督の愛があふれる 映画「キネマの神様」

 映画「キネマの神様」が8月6日、ようやく公開される。ダブル主演を務めるはずだった志村けんさんが2020年3月のクランクイン直後に亡くなり、緊急事態宣言で撮影も長期休業。山田洋次監督は、小説家・原田マハの原作を、コロナ禍の映画を取り巻く様々な想いも投影して練り直し、新たなキャストを迎えて、「いま見るべき作品」に昇華させた。

 後期高齢者に突入したゴウ(沢田研二)は無類のギャンブル好き。借金を重ね、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放される。そんなゴウにも青春時代に情熱を傾けたものがあった。それは「映画」。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)は、かつて撮影所で働く仲間だった。

 50年前の回想。若き日のゴウ(菅田将暉)は生き生きとしていた。助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)やスター女優の園子(北川景子)、撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求めた。そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた…。

 食堂で菅田が熱弁をふるう場面では、小津安二郎をはじめとする大船調への挑戦や原節子をほうふつさせる園子の起用法など、ファンタジーならではの手法で松竹の映画史を自在に遊泳する。一方、現代では明日の見えない日常を沢田が滑稽に揶揄しながら、映画に救いを求める。映画愛に満ちた山田監督らしい“シャシン”だ。 (中本裕己)

関連ニュース