記事詳細

不調続き『おかえりモネ』の注目度が上昇中 現実世界と驚きのシンクロ (2/3ページ)

 報道気象班に配属された百音は、朝の報道番組『あさキラッ』で気象関連の小ネタを提案する仕事を担当。劇中の季節が夏になり、猛暑の中で働くシーンや、ゲリラ豪雨でアンダーパスが冠水したニュース、オリンピックの情報でお天気コーナーがカットされたエピソードなどが放送されました。

 ドラマの中だけでなく現実世界でも、夏は猛暑やゲリラ豪雨などで気象が注目を集める季節。特に視聴者数の多い都市部の人々にとっては、遠い東北の物語が、身近でリアリティのあるものに変わったことで、関心度が急上昇しそうなムードが漂いはじめているのです。

 たとえば、ちょうど『おかえりモネ』が再放送されていた29日の昼ごろ、Yahoo!ニューストップの最上段に「局地的な豪雨も 天気の急変注意」というニュースがピックアップされていました。これはゲリラ豪雨を注意喚起するニュースでしたが、ドラマの内容とほぼ完璧にシンクロしていたのです。

 さらにその日放送された第54話で百音は、「山で雨が降ると川の水位が一気に上がる。過去には15分で55cm上昇したケースも」「海水浴では離岸流に巻き込まれたり、急激な水温の低下に低体温症になったりなど、命の危険に直結する水の事故が起きやすい」などのタイムリーかつ有意義な情報を話すシーンがありました。

 また、すでに8月2日の第56・57話で「東北に台風が上陸する」というエピソードを描くことが公表されています。奇しくも現実世界では、28日に台風が統計開始以来、初めて宮城県に上陸したばかりでした。

NEWSポストセブン

関連ニュース