記事詳細

【五輪に負けるなスポーツ映画で熱くなれ】ロッキー(1976年) 低予算でエキストラを“フライドチキン配布”とチラシで集めた (1/2ページ)

 ボクシングは五輪でも人気の高い種目だ。国別ではこれまでアメリカが金50個、銀24個、銅40個の計114個を獲得、2位キューバの73個を引き離してダントツだ。

 中でも1960年のローマ大会でライトヘビー級の金に輝いたカシアス・クレイ(モハメド・アリ)は記憶に残る。プロ転向後はヘビー級の世界王者に君臨した。

 日本では60年のローマ大会でフライ級の田辺清が初めて銅を得ると、64年の東京大会ではバンタム級の桜井孝雄が日本初の金メダル。近年では2012年のロンドン大会でミドル級、村田諒太の金が記憶に新しい。

 ボクシング映画でも不滅の金字塔が『ロッキー』。シリーズ6本に加え、スピンオフ2本と大ヒット。シルベスター・スタローンの出世作としても有名だ。

 当時のスタローンはパッとせず、ポルノ映画や用心棒で日銭を稼いでいた。ある日、モハメド・アリの世界タイトル戦をテレビで見ていて、絶対劣勢のチャック・ウェプナーが予想外の善戦をし、当時世界最強といわれたアリからダウンを奪った。スタローンはこれにインスピレーションを受けて脚本を3日で仕上げ、製作会社に売り込んだという。

関連ニュース