記事詳細

【五輪に負けるなスポーツ映画で熱くなれ】ピンポン(2002年) 窪塚洋介、井浦新らが飛びはね打ち込むフルCG試合シーン (1/2ページ)

 史上最強といわれる日本卓球陣。ついに東京大会の混合ダブルスで中国の厚い壁を破った。2012年のロンドン五輪で女子団体(石川佳純、福原愛、平野早矢香)が銀メダルに輝くと、16年のリオ五輪では男子シングルスの水谷隼が銅、男子団体(水谷、吉村真晴、丹羽孝希)が銀、女子団体(石川、福原、伊藤美誠)が銅と歴史に風穴を開けた。そのおかげで国内に卓球ブームが訪れた。

 では本題。温泉場の旅館にはほとんど卓球場が設置されていたものだ。本作では日本人にはおなじみの娯楽だった「ピンポン」を描く。神奈川県藤沢市に住む5人の高校生が青春を謳歌(おうか)する話。

 原作は松本大洋のコミック。『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載された。松本はサッカー少年だったので、最初はサッカーをテーマにしようと考えていた。しかし22人もの選手を描くのが大変だと気がつき、あまりその魅力を知られていない卓球のほうが面白いとかじを切ったという。

関連ニュース