記事詳細

Snow Manで「おそ松さん」初実写化 ファンは「9人の大暴れ楽しみ」「実写で6つ子設定崩壊」など賛否両論 (1/2ページ)

 ジャニーズ事務所の男性9人組、Snow Manが来春公開の「映画『おそ松さん』」(英勉監督)に主演すると3日、サンケイスポーツなどが報じた。同日朝のヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に「おそ松さん」「Snow Man」「松実写化」などの関連ワードが複数ランクインして、注目が集まっている。

 赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」で小学5年生だった六つ子が、20代前半に成長した姿を描いたテレビ東京系アニメ「おそ松さん」を初実写化。謎の新キャラクター3人も加わる。

 「おそ松さん」は2015年、人気漫画家・赤塚さんの生誕80年を記念して「おそ松くん」を原作にアニメ化。成人してもダメな六つ子のくだらない日常が人気を博し、翌16年に流行語大賞にノミネートされるなど社会現象を巻き起こした。17、20年に続編が放送。19年には劇場版が公開され、22、23年の続編公開も決まったばかり。「おそ松くん」は1985年にフジテレビ系単発ドラマで実写化されたが、「おそ松さん」は今回が初となる。

 今作では、おそ松を向井康二(27)、カラ松を岩本照(28)、チョロ松を目黒蓮(24)、一松を深澤辰哉(29)、十四松を佐久間大介(29)、トド松をラウール(18)が担当。詳細がベールに包まれた新キャラクターのエンドを渡辺翔太(28)、クローズを阿部亮平(27)、ピリオドを宮舘涼太(28)が演じる。

関連ニュース